人は1人では生きられない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間って不思議なもので、
人間関係が煩わしくて
ストレスを感じるのに、
人との関係の中でストレスを
解消する。」

 

(重松清 小説家)

 

近づきすぎると煩わしいが、
離れ過ぎると求めてしまうのが
「人間関係」です。

ど人間関係に疲れて、どんなに「1人になりたい」
と思ったとしても、人は無人島では暮らせません。

それは、この世に「独房」という刑罰が存在すること
からも明らかです。

「人間関係」で生じたストレスは、
同じく人との関わりの中で
しか癒やせない
のです。

たとえば、女性は1日であった嫌なことを、
気の置けない友人やパートナーに話すことで
ストレス解消します。

会話の目的は、「問題を解決すること」
ではありません。

彼女たちにとって、「話をすること」
それ自体が目的なのです。

一方、男性は女性に比べると、
人間関係のストレスの処理の仕方が
下手くそです。

独りで悶々と抱え込み、お酒で憂さを忘れよう
とする人も多いようです。

女性の方が概して長生きなのは、
この辺りにも理由があるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す