勝負は5%のオリジナル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1つの「正解」に向かって
モノを作る
1曲の中で5%は
個人の本当のオリジナル。
95%は伝統。
自分は5%のおもしろい部分に
興味がある。
 

 

(坂本龍一 音楽家)

                   

 

どんなに「独創的だ」とか「オリジナリティがある」
と評価される作品でも、過去の作品の影響から完全に抜け出す

ことはできません。

私淑する巨匠たちの作品、過去の自分の作品。

それらは、常に亡霊のようにつきまとい、
新しい世界を切り拓こうとする芸術家の心を
悩まします。

苦心惨憺してようやく創り上げたはずの作品でも、
やはり過去の影響から抜け出し切れていないことに気づいて
肩を落とすのです。

しかし、すべてのクリエイトの礎は模倣にあり、
その意味ではどんなオリジナルだってオマージュの
域を抜けることはできないのです。

もちろん、100%が物真似では、何の付加価値も生まれません。

たった5%だけでいいので、「世界初」「史上初」の試み
提示してこそ、人々をアッと言わせることができるのです。
    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す