凡人がトップになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トップになるのは簡単。
今この瞬間に、
トップとなれる分野を
自分でつくる。」

 

(神田昌典 経営コンサルタント)

 

自分の分をわきまえずに闇雲に
「トップになる」と息巻くのは、
小学生レベルの思考回路です。

身の程をきちんとわきまえてこそ、
真の大人と言えます。

では、自分の分を冷静にわきまえて
「自分は業界ではトップに立てそうにない」
と分かったら、諦めてスゴスゴと退散しなければ
ならないのでしょうか。

いえいえ、そんなに簡単に自分の人生を諦める
必要はありません。

既存の業界でトップに立てないのであれば、
自分でトップになれる分野を作ればいい
のです。

たとえば、まだ誰も目を付けていない分野で
「○○コンサルタント」と名刺を刷れば、
あなたはその日からその分野の第一人者です。

もちろんその分野で長期的に成功し続けるには、
ハッタリだけではいつかは化けの皮が剥がれるに
決まっています。

他者を納得させるだけの実績と、
圧倒的な実力と才能があってこそ、
長期的な成功が収められるのです。

また他者から「真似されにくい」
「真似したくない」と思わせる
工夫をしておかないと、
たちまち強者が参入してきて
トップの座を奪われてしまいます。

以上の点を踏まえた上で、
自分なら楽勝できると感じる分野があるなら、
勝負をかけてみてもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す