男性性と女性性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男性だけの世界観は
本当のものじゃない。
女性だけの世界観も
本当のものとはいえない。
この男と女の世界観が
ぶつかり合って、
そこで初めて本当の
世界観が生まれるんだ。」

 

岡本太郎 書家)

 

男として生まれたからには、
やらなければならないことがあります。

それは女について深く知ることです。

別にスケベな意味で言っているのでは
ありません。

人格の完成に近づくためには、
男らしさを磨くだけでは不十分
なのです。

なぜなら人間の中には、
性別に依らず男性性と女性性の
二つの側面が備わっているからです。

つまり男の中にも女としての側面があり、
女の中にも男としての側面が備わっているのです。

男らしさだけを強調することは、
自分の内面の女性性を殺すことに他なりません。

それは人格の半分を否定するのと同じことです。

森羅万象は陰と陽のバランスで
成り立っており、それが自然の摂理
です。

人間においては男性性と女性性のバランスを
取ることが、自然の摂理に適っているのです。

同じことが女性にも言えます。

男性性を開発してこそ、
女性としての魅力が高まっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す