才能の限界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「才能がないって言ってる人は、
自分で限界を作ってしまっている
だけ。」

 

(リヴ・ウルマン ゴールデングローブ賞受賞者)

 

才能の限界とは何でしょうか。

それは、「自分ならできる」と確信を
持てる範囲のことです。

「ここまでならやれるけど、これ以上はムリ」
というのが、その人の才能の限界なのです。

それは、才能の「器」の大きさと言い換えても
いいかもしれません。

成功者が成功者になれた所以は、
自分の才能の「器」を、現実に即して
正確に理解しているからです。

彼らは自分の勝てる土俵で持てる才能を発揮する
ことで、勝ち続けることができるのです。

逆に、自分の才能不足を感じる分野については、
決して手を出しません。

言わば、自分の才能の「分」をわきまえて
いるからこそ、
彼らは才能で世の中を渡って
いけるのです。

では、「自分で才能がない」と言っている人は、
いったいどうすればいいのでしょうか。

この人は、既に自分で正しく答えを出しています。

自分で才能不足を実感しているのだから、
その分野には金輪際近づかないことです。

なぜなら、才能とは魔法であり、
「自分ならできる」と確信できないことには、
発動しないようになっているからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す