失恋で人生が飛躍する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「失恋したら自分でお酒を
注いで、口紅をつけて、
そして、自分の力で
立ち上がるの。」

 

(エリザベス・テイラー ゴールデングローブ賞受賞者)

 

失恋の痛手を負いたくないから恋愛しない、
と考える若者が増えているそうです。

確かに、失恋の苦しみは言葉に尽くしがたく、
できることなら経験したくないと考えるのも
分かります。

しかし、傷ついてボロボロになる体験
というのは、実はチャンスです。

どん底を味わうと、人は自分を真剣に
見つめ直します。

否、どん底にでも落ちない限り、
人はめったに自分のことを見つめ直そうとは
しないものです。

さらに、深く傷つく経験をすると、
他人の心の痛みに敏感になります。

相手の気持ちを100%理解することはムリだ
としても、少しでも理解しようと思いやる心を
持つことができるのです。

他人の立場になって物を考える姿勢は、
恋愛だけでなく人生すべてにおいて
役に立ちます。

相手の立場になって物を考えるのは、
仕事においても何より大切なことです。

最後に、失恋によってもたらされる
最大の副産物は、最高の笑顔が
手に入るということです。

人の本当の魅力は、酸いも甘いも
噛み分けてこそ出てくるものです。

あなたがたくさん傷ついてきたからこそ、
幸せいっぱいな微笑みを相手に届ける
ことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す