人生は不完全だからこそ面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分に課したものが
あって、できたことには
もうあんまり興味が
無くなるんだと思いますね。
で、できないことが
残るんですよね、
次の作品に。
だから、できないことにしか
興味がないんですね、
極論を言うと。」

 

(川上未映子 芥川賞受賞者)

 

「あの人は完璧主義だ」と、
赤の他人が噂をする分には許せます。

しかし自分で自分のことを、
「完璧主義だ」と認識するのは
いかがなものかと思います。

そもそも完璧って何でしょうか。

その人が自分のことを完璧だと
思えているのは、
単に基準が甘いからです。

仮に本当に完璧な人物が存在したとして、
私たちはそのような人物に魅力を感じる
でしょうか。

おそらく観賞用として遠くから眺めて
楽しむだけで、積極的にお近づきになりたい
とは思わないはずです。

完璧そうに見える人が時折見せる、
ちょっとした隙に私たちは心を
鷲づかみにされてしまうのです。

自分の仕事を省みて、
「完璧だった」と思える人は、
頂点を目指すモチベーションが
二度とわいてこないと思います。

「渾身の出来映えだけど、
ちょっと不満が残る」からこそ、
また仕事で別の山を目指そうとする
意欲が生まれるのです。

完成した人生ほどつまらないものは
ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す