天秤の法則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間である以上問題の
一つや二つあって当たり前
と受け止め、問題の有無を
幸福の基準としない人こそ、
我々が知る限り最も知的な
人である。」

 

(ウェイン・W・ダイアー 心理学者)

 

ある程度人生経験を積んだ人なら、
次の話を聞いて迷わず首肯してくれるはずです。

すなわち、人生の一切のポジティブと
ネガティブの総量は釣り合っている
ということです。

考えてもみてください。

いったいどこの世界に、いいとこ取りで
死ぬまで突き進める人生があるでしょうか。

巨富を築いたり、高い地位や名誉を得たりした人の中に、
家庭の中に深い闇を抱えている例には枚挙に暇が
ありません。

あるいは、世界的に大成功したアスリートは、
365日ひたすら自分の技能を高めるために
ストイックな人生を歩んでいます。

ひるがえって、あなたの人生にも
問題の一つや二つはあることでしょう。

しかし、その反面心から幸せを感じられる
側面も
確かに存在するはずです。

なぜなら、プラスとマイナスがバランスを
取りながら存在するのは自然の摂理であり、
私たち人間はその影響下から逃れることは
できないからです。

デカいマイナスがあなたの目の前に現れたら、
その陰に潜んでいる大きなプラスにもきちんと
目を向けることです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. きりりん より:

    人生のポジティブのネガティブは、釣り合っている。本当にそう感じます。ですがついつい、大変なことが目の前にあると落ち込んでしまう…。問題の一つや二つはあって当たり前だと考えていれば、気持ちが軽くなりますね。

コメントを残す