見果てぬ夢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人間は時として、
満たされるか満たされないか
わからない欲望のために、
一生を捧げてしまう。
その愚を笑う者は、
つまるところ、人生に対する
路傍の人に過ぎない。」

 

(芥川龍之介 小説家)

 

「匹夫もその志を奪うべからず」
という言葉があります。

たとえ、身分の低い平凡な男であっても、
その意志が固ければ何ものも
それを変えることは
できない、
という意味です。

他人から見てどんなにくだらない夢に見えたとしても、
当の本人にとってはかけがえのない夢かもしれません。

それをとやかく言う資格は、誰にもありません。

それに、夢というものは人生のステージにおいて、
移り変わっていくものです。

子ども時代には子どもとしての夢があり、
大人には大人としての夢があるのです。

だから、他人の夢を見て、「つまらない」とか
「未熟だ」とか決めつけるのは、
自分の器の小ささをひけらかしているようなものです。

見果てぬ夢を追いかける人をバカにするのは、
それだけ退屈な人生を送っている証拠です。

自分の夢を叶えていく人は、よそ見をしないので
他人の動向が気にならないものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す