休養の大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事が上手くいかなくなると、
充電と称してアメリカへ行ったり
するタレントがいるだろ?
バカなんだよね。
だってよく考えてごらん。
電気カミソリの電気が切れて
から充電しても、間に合わない
んだよね。」

 

(大橋巨泉 司会者)

 

トレーニングの後で一番大事なのは、
しっかりと食事をして睡眠を取ることです。

逆に、いくら鍛えていても栄養と休養が
十分でなければ、身体は強くなるどころか
病気になります。

同様に、仕事人として成果を上げようと
思ったら、頑張ること以上に休養の取り方を
考えることです。

日頃の睡眠が足りていないと、まず脳の働きが
低下します。

ボーッとした頭で日中を過ごしているようでは、
仕事の成果はまったくと言っていいほど上がりません。

かつては、受験の世界でも「四当五落」
といって、睡眠を削って勉強することを
良しとする風潮がありましたが、
最新の脳科学はこれを真っ向から否定
しています。

睡眠不足は「諸悪の根源」であり、
いかに上手に疲労を取るかが、
何事においても成否のカギを握る
のです。

もしも、あなたが自分の日常を省みて、
睡眠が足りていないと自覚するなら、
何を置いてもまずはきちんと睡眠を取ることです。

たったそれだけで、仕事の流れが改善する
かも
しれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す