ボーッとする時間の大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「放心や無心の時間を
持つことが、逆に集中力を
高める。」

 

(大越俊夫 教育者)

 

NHKの人気番組「チコちゃんに叱られる!」
でおなじみの、「ボーッと生きてんじゃねーよ!」
というセリフがあります。

確かに、年がら年中「ボーッと生きている」のは
問題かもしれません。

しかし、ただでさえセカセカと忙しい
現代社会において、ずっと張り詰めて
生きていると、心身共に疲れ果てて
しまいます。

むしろ、意識的に「ボーッとする時間」を
確保することも大事ではないでしょうか。

弓もずっと張り詰めたままでは、弦が切れやすく
なります。

使わないときには緩めておくからこそ、
いざという時に弓が威力を発揮するのです。

人間も弓と同じです。

いざという時に力を発揮できるのは、
普段からしっかり睡眠を取って十分に
休養を取っている人です。

逆に、平日も夜遅くまで起きていて、
休日も遊び歩くような人は体調を崩しやすく、
いざという時に頑張りが利きません。

だから、いつまでも職場に残ってダラダラ仕事を
するのは愚の骨頂というわけです。

あなたが人生で何事かを成し遂げたければ、
高速で仕事を終わらせ、可能な限り早く
帰宅することです。

自宅で心身共に十分に休養を取るからこそ、
翌朝に人生に立ち向かう元気が湧いて
くるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す