漫画の神様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「医者は生活の安定を
約束していた。
しかし、僕は画が
描きたかったのだ。

 

(手塚治虫 漫画家))

 

まだ、医学部の学生だった手塚は、
友人のすすめで新聞社に
自分の漫画を
売り込みに行きます。

毎日新聞の受付に原稿を届けたものの、
待てど暮らせど返事がありません。

それから3週間後、毎日新聞社に勤めている
女性が、「毎日小学生新聞」の編集長
引き合わせてくれます。

編集長は、手塚に4コマ漫画を描いて
持参するよう伝えます。

渾身の思いで描き上げた原稿を、
静かにめくる編集長。

ニコリともせず原稿をめくる編集長を、
食い入るように見つめる手塚。

「もうダメか」とあきらめかけたちょうどその時、
編集長の言葉長い長い沈黙を破ります。

「これ、いいですね。
来年の元日スタートでいきましょう。」

後に「漫画の神様」と呼ばれる手塚治虫の、
これが漫画家としての記念すべき第一歩でした。

やがて、漫画の仕事が頻繁に舞い込むようになると、
手塚はついに医師への道を断念して、
漫画一本で食べていくことを決意するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す