優しさは時に仇となって返ってくる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「他人の不誠実に寛容に
なりすぎないこと。
軽く見られるだけです。」

 

(加藤泰三 社会学者)

                   

 

誰かが、自分に対して不誠実な面を
見せてきたときには、
ちゃんと怒らないと
いけません。

不誠実な相手に、甘い顔を見せれば必ずつけあがります。

不誠実なことをしでかす相手というのは、
その程度の人間なのです。

たとえば、平気で約束の時間に遅れてくる相手。

天災や不慮の事故などは別として、
ついつい遅刻してしまう相手は、
確実にあなたのことをナメています。

あとは、借りたお金をいつまで経っても
返そうとしない相手。

借りたお金を平気で踏み倒そうと思っている人間は、
あなたに対してこれっぽっちも恩義や友情を感じていません。

せいぜい、金づるの1つくらいにしか見ていないのです。

相手を選ばない優しさは、時に仇となって
自分に返ってきます。

自分に対して、ナメてくる相手にまで「いい人」になる
必要はありません。

「嫌われる勇気」を持ち、トラブルメーカーに
つけ込む隙を与えないことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す