一歩を踏み出す勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいかい、怖かったら
怖いほど、逆にそこに
飛び込むんだ。

 

(岡本太郎 芸術家)

 

白刃(はくじん)を振るう真剣勝負とは、
とてつもなく怖ろしいものだ、
と経験者は語ります。

何しろ、日本刀の切れ味は世界屈指。

ちょっとかすっただけでも、指が落ちると言います。

だから、怖ろしくて相手の間合いに入ることすら
できないのが普通なのです。

剣道の道歌に、
「切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ、
踏み込み見ればそこは極楽。」
という教えがあります。

相手の刀がギリギリ届くくらいの間合いが、
敵の斬撃(ざんげき)も鋭く一番危ない。

しかし、そこから一歩踏み込めば、
間合いが詰まるのでグッと危険度が下がる、
という意味です。

これは、人生においても同じことが言えます。

目前に迫るトラブルに不安を感じるのは、
それを遠巻きに眺めているから。

自分で勝手に脅威を感じて、
動けなくなっているだけかもしれません。

ウダウダ不安を口にするヒマがあるなら、
そこに飛び込んでみたらいい。

実際にやってみると、意外にたいしたことが
なかったりするものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す