嫌われる勇気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「『みんなから理解
されたい』
という気持ちを捨て、
『理解してくれる人だけ、
理解してくれればいい』
という強い信念をもつこと。
余分な人間関係、
無理な人間関係や付き合いを
『捨てる』勇気を持つことが、
人生をタフにさわやかに
生きていくために、
最も必要なことだと
思います。」

 

(諸富祥彦 心理学者)

 

人がメンタルを病む理由の1つに、
「人から理解されないことへの悩み」
があります。

しかし、よくよく考えてみてほしいのです。

あなたは周囲のすべての人のことを、
手放しですべてを理解できていますか。

おそらく周囲の1人や2人は、
「生理的に合わない」とか
「まったく価値観が合わない」
といった人が存在しているはずです。

だとしたら、あなたが誰かにとって
「生理的に合わない」とか
「まったく価値観が合わない」
人に成り得る可能性を、
虚心坦懐に受容することです。

結局のところ、自分も誰かのことを
嫌っているのだから、自分が誰かに
嫌われたとしても「お互い様」
なのです。

自分は誰かのことを嫌いになるけど、
相手が自分を嫌いになることは許せない、
というのはムシが良すぎます。

「合わない人とは無理に
合わせなくてもいい」
と割り切れば、
人生はもっと楽になっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す