基礎・基本の徹底

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「正しい作業を非効率的にしても、
事業は存続するが、
間違った作業を効率的にすれば、
事業は倒産する。」

 

(マイケル・ルボーフ 経営コンサルタント)

 

小学生時代に遊びほうけていた人が、
中学で一念発起して勉強を始めたとします。

しかし、どうしても算数と国語の点数が上がらない、
なんてことはよくあることです。

いくら親が家庭教師をつけようが、
塾に行かせようが一向に点は上がりません。

なぜなら、原因は中学校の勉強にある
のではなく、小学校時代の基礎・基本が
身に付いていない点にあるからです。

だから、まずは小学生の教科書を開いて
勉強し直すところから始めることです。

「学問に王道なし」という言葉がありますが、
これが遠回りに見えて実は近道なのです。

小学生レベルの問題がスラスラ解けるようになった暁には、
中学レベルの問題にも難なくトライできる頭になって
いるはずです。

極真空手の創始者である大山倍達は、
夜眠っているときにも突然はね起きて、
「拳の握り方」について検証していた
という逸話が残されています。

あれほどの達人でさえ、死ぬまで常に
基礎・基本に立ち戻っていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す