人は伝え方が9割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人が意見に反対するときは、
だいたいその伝え方が
気に食わないときである。
 

 

(ニーチェ 思想家

 

すごく新鮮で最高級の食材があったとして、
それを生のままテーブルに出されたら、
まずお客さんは怒ります。

いくら、店員が
「お客様、こちらは〇〇でとれた
最高級の食材でございます」
とどんなに弁明しても、お客様は
聞く耳を持ちません。

どんなに素晴らしい素材でも、
その見せ方、伝え方を間違えると、
その価値を感じてもらえないのです。

 

ひるがえって、私たちは
他者とのコミュニケーションの中で
これと同じことをしていないでしょうか、
という話です。

 

人は理屈ではなく、
感情で行動する生き物です。

いかに自分の意見が正論であっても、
伝え方を間違えると、ただ反発を招くだけです。

どんなに素晴らしい意見も相手に
伝わらなければ、完全に無価値なのです。

 

「伝えたい」ことを、相手に合わせて
「伝わる」工夫をするのが、賢者の知恵というものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す