努力する才能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「努力することより、
しないことの方が
難しいんだ。」

 

(ポール・マッカートニー ベーシスト)

 

「努力は苦しいもの」と思っている
人には信じられないかもしれませんが、
この世には「三度のメシより努力が好き」
という変わり者が存在します。

彼らにとって、努力こそは
人生の礎であり、
万難を排しても努力を
継続することを優先します。

たとえば仕事が立て込んで忙しい時期でも、
何とかやり繰りして努力の時間を確保します。

何日間か旅に出るのであれば、
旅先でも努力を継続できるよう
工夫します。

「努力が好き」というのは、
そういうことです。

ここまで行くと、「努力」という
言葉そのものが相応しいのかどうかさえ
疑わしくなってきます。

努力とは「努めて力む」と書きますが、
彼らの努力にはどこにもそうした力みが
見られないからです。

真剣に向上しようとする意志はあっても、
深刻さはどこにもありません。

遊び半分の中途半端さはどこにもありませんが、
軽やかな遊び心が根底にあります。

彼らは人生を賭けて取り組むべき
何ものかと出逢えた
希有にして幸福な人々なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す