才能とは飽きずに続けられる力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「才能と言われるものの
大部分は、続けられる能力
のことなのである。」

 

(戸田智弘 教育者)

 

「才能とは継続力である」と聞くと、
たいていの人は「頑張って続けなきゃ」
と勘違いします。

そうではないのです。

頑張って続けようとしている時点で、
それは才能ではありません。

「頑張っている」意識が皆無なのに、
勝手に続いてしまうものの中に
あなたの才能が潜んでいます。

それこそ、周囲から
「試験前だから止めておきなさい」とか、
「仕事が忙しい時期だから控えたら」
と言われても、隠れてやってしまうのが才能です。

すると、それを見ていた周囲は、
「あの人はあんなに忙しい時期も頑張っていた」
と勝手に勘違いしてくれます。

本人にとっては続けることの方が簡単で、
逆に止める方が心理的にストレスを感じるくらいなのです。

だから、「才能とは継続力である」という
言葉の真意は、
「楽勝で継続できる分野こそが才能だよ」
ということなのです。

それを「頑張って継続しよう」などと考えると、
ますます自分の才能とはかけ離れた方向に進んでいって
しまいます。

逆に、なぜか「継続できてしまう」分野を
探して行くことで、
最短で自分の才能に出会うことができる
はずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す