才能があるなら努力しろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「どんなに練習しても
強くなれない選手はいます。
でも、この世界は才能だけじゃ
勝てない。
死ぬほど練習しなきゃ。」
 

 

(魔裟斗 元格闘家)

                   

 

「才能がないから努力する」という考え方は、
根本的に間違っています。

人は、才能がない分野を本気で努力することは
できないのです。

なぜなら、好きでもなければ得意でもないことを、
延々努力し続けられるほど、人は強くはなれないからです。

換言すれば、好きで得意だからこそ
進んで努力しようという気持ちが起こるのです。

努力が苦痛で仕方がないのは、その道に才能がない
ことの何よりの証です。

路傍の石は、どんなに心を込めて磨き上げようとも、
ただの石ころのままです。

同じくダイヤモンドの原石も、
一見したところただの石ころです。

しかし、ただの石ころと違って、ダイヤの原石は
磨けば磨くほど光を放ちます。

努力を続けている人は、自分のことを石ころだとは
思っていません。

自分は原石だと分かっているからこそ、
ひたすら磨き続けることができるのです。

しかし、どうせやるんだったらぬるいやり方では
全然ダメで、死ぬほど頑張らなければ、
永遠に石ころのままなのです。
    

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す