才能と環境

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくが今あるのは、
小さい頃に父から受けた
トレーニングのおかげだ。
以来、ぼくはひたすら練習に
打ち込んできた。
トップに上がるためには
それしかない。
ジネディーン・ジダンと
ルイス・フィーゴは
当代最高のプレーヤーだが、
いくら彼らに恐ろしいほどの
天賦の才能があるとしても、
練習なしには現在の地位は
築けなかったはずだ。

 

(デビット・ベッカム 元プロサッカー選手)

                   

 

一道に達するには、天賦の才能に加えて、
環境に恵まれる必要があります。

いかに神童でも、英才教育を施してくれる
家庭環境に恵まれなければ、
その才能は開花することなく終わります。

鈴木一朗が、世界のイチローとまで
呼ばれるようになったのは、
野球に協力的だった父親の
存在なくしては
語れません。

これは、ベッカムもしかりです。

もちろん、才能と環境に恵まれただけで、
偉業を成し遂げるほど世の中は甘くはありません。

それに加えて、本人が死に物狂いの精進を
重ねることで、ようやく才能が花開くのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す