自分の幸福は蜜の味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生で大切なことは、
他人の不幸を嘲笑うこと
ではなく、
自分が幸せになることだ。」

 

(千田琢哉 文筆家)

 

連日連夜、マスコミ各社がこぞって、
悲惨な事件や芸能人の不倫話や離婚ネタを
書き立てるのはなぜか。

それは、私たちの本能がそれを求めている
からに他なりません。

現に、「他人の不幸は蜜の味」
という言葉も存在し、最近では
「メシウマ」などと言うのが
トレンドのようです。

ただし、あまりに「不幸な人」を見ると、
逆に嗤えなくなり同情を禁じ得なくなるのも、
また事実です。

人の不幸に「蜜の味」を感じるのは、
自分よりもちょっと「幸せそうな人たち」が
不幸に陥ったときだけです。

つまり、「メシウマ」心理の根底には、
自分よりも「格上」の足を引っ張って
こき下ろしたいという「妬み」「そねみ」
の感情が渦巻いているのです。

他人の不幸を嘲笑っていれば、自分は何も努力しなくても、
束の間の喜びを味わっていられます。

しかし、それではいつまで経っても、
自分が「不幸」から抜け出すことはできません。

本当の「蜜の味」とは、自分が幸福になること
以外あり得ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す