読書

脳に負荷をかける

「ドーパミンが分泌される
ためには、実はその喜びの
中身が非常に重要。
やさしすぎても難しすぎても
ダメ。
やや『無理めの課題』を
自分に与え、それに全力を
出してがんばり達成する、
というのが大事なんです。」

 

(茂木健一郎 脳科学者)

続きを読む

ひいきの作家以外の本を読む

「自分が賛成するような
意見だけではなくて、
自分が読んでいて
不愉快な意見とか、
自分の考え方とは違う
意見にも接してみる。
そこで初めて、
自分なりの考え方が
できてくる。」

 

(池上彰 コメンテーター)

続きを読む

毀誉褒貶は世の常なり

「人からの評価を
気にしすぎるのは
どこかで自分に妥協
しすぎているとき。
力を出し切り、
自分が心から納得して
いれば、どういう
評価をされても気に
ならないものです。」

 

(中塚翠涛 書家)

続きを読む

ブラック企業

「皆が羨んでいるような
環境で働いているのに、
すごく不満を持っている
人がいる。
文句を言う人はみんな
一緒なんです。
仕事がつまらない、
給料が低い、上司が嫌だ。
でも中には給料の低い
中小企業であっても、
『最高の会社だよ』と
目をキラキラさせる人も
いた。
工場で泥だらけになりながら、
夢を持って働いている人が
いた。
それで分かったんです。
自分のとらえ方次第で
感情はいくらでも変える
ことができるんだって。」

 

(武田双雲 書家)

続きを読む

ながら読書

「いつも読書しながら
一種の絶望感をおぼえる。
確かに面白い。対決もある。
だが眼と頭だけの格闘は
やはり空しい。
人生はまたたく間もない
ほど短いのである。
ハイデッカー、ヤスパース、
サルトルにしても実存を
説きながら、
なんであのように長々と
説明しなければならないのか。
その間に絶対の時間が
失われてしまう。
サルトルに言ったことがある。
『あなたの説には共感するが、
あのびっしりと組み込まれた
活字のボリューム。
あれを読んでいる間、
いったい人は実存して
いるのだろうか。』
私は今生きているこの瞬間、
全空間に向かって八方に
精神と肉体を飛び散らしたい。」

 

(岡本太郎 書家)

続きを読む

外発的動機付け

「行動するたびに叱られ
褒められて育った人間は、
叱られるか褒められるか
しないと、行動しなくなる。」

 

(アルフレッド・アドラー 心理学者)

続きを読む

学び続ける人

「人生すべてが授業です。
出会うものすべてが教師であり、
あなたは永遠の生徒です。」

 

(アブラハム・マズロー 実業家)

続きを読む

本棚がある家

「成功者の家にはたいてい
大きな本棚があり、
貧しい人の家にはたいてい
大きなテレビがあることに
私は気づきました。」

 

(ブライアン・トレーシー 経営コンサルタント)

続きを読む

自力で原理・原則を打ち立てる

「本当に何かを身に付ける
には、誰かから教えられても
ダメで、あくまで自分で
事の本質をつかんで学び取る
しかない。」

 

(古谷昇 経営コンサルタント)

続きを読む

時間は有限

「やることを効率化する
のではなく、
『やること自体』を
減らしなさい。」

 

(勝間和代 経営コンサルタント)

続きを読む

多様な価値観にふれる

「多様な価値観にふれる
ことが、人間的に大きな
成長を促すエンジンに
なるからです。」

 

(岩田松雄 経営コンサルタント)

続きを読む

本質をつかむ

「四六時中、全力疾走して
いては持ちません。
ここぞという頑張るときに
頑張ればいいだけの話で、
いつも全力投球していたら、
逆につぶれてしまいます。」

 

(岩田松雄 経営コンサルタント)

続きを読む

本を血肉にする方法

「実際に経験したことのない
知恵は、ただの言葉に
過ぎません。」

 

(マーク・ヴァン・ドーレン ピューリッツァー賞受賞者)

続きを読む

何はともあれ本を読む

「あなたが読まない限り、
その人生はそっと終わりを
告げます。」

 

(ハーマン・ウォーク ピューリッツァー賞受賞者)

続きを読む