言葉

できるという前提で動く

「問題を解くときに、
『できる/できない』
という問いかけは不要。
そこはもう『できる』
という前提に立ってしまって、
『どんな方法ならできる
だろうか?』というように、
いきなり方法を模索する
ところから、出発すれば
よいのです。
実は人間の脳というのは、
自分が確信しているものを
実現させる方向に向かって、
その働きを集中させる特徴が
あります。」

 

(鮒谷周史 経営コンサルタント)

続きを読む

言葉は思考の発露

「『言葉が曖昧』というのは、
多くの場合
『思考そのものが曖昧』
ということなのです。」

 

(土井哲 経営コンサルタント)

続きを読む

言葉の力

「『難しい』『できない』
という口癖は極めて
伝染性の高い病気。
この病気を治す
簡単な方法は、
『質問』をすること。」

 

(神田昌典 経営コンサルタント)

続きを読む

笑いに必要な国語力

「文章にできないギャグは
使えないんです。
表情の面白さに頼ってしまう
ギャグは、ダメなんです。」

 

(三宅裕司 司会者)

続きを読む

言葉とリズム

「何よりお笑いには音楽性が
必要。
お笑いは間とタイミングで
決まるものなんだけど、
そのセンスはまさに音楽的センス
であり、リズム感なんだよね。
コントの会話のリズムも、
それを少し狂わすから面白い
のに、もともとのリズム感が
分かっていないと、狂わすこと
もできないわけだから。」

 

(志村けん 司会者)

続きを読む

決心したことは必ずやり抜く

「例外を作ったらダメ
ですぞ。
今日はまあ疲れている
からとか、夕べはどうも
睡眠不足だったとか考えたら、
もうダメなんだ。」

 

(森信三 教育者)

続きを読む

言葉は暗示

「その一語一語、
その言葉のすべてが
人生に直接影響する
暗示となる。」

 

(中村天風 教育者)

続きを読む

あなたのため

「人生とは、自己の命に喜びを
できるだけ多く味わわせるように
するところに、本当の生きがいが
ある。」

 

(中村天風 教育者)

続きを読む

言葉は人を選ぶ

「『がんばらなくてもいい』
という言葉は、がんばって、
がんばって、がんばって、
その果てに疲れ切って
しまった人に投げかける
言葉である。
自分の許容以上のことを
しようと思って、
がんばりすぎてへとへとに
なってしまった人に贈る
言葉である。
周囲の期待に応えようと
するあまり、やりたくない
ことをやっている人に
アドバイスする言葉である。」

 

(戸田智弘 教育者)

続きを読む

自己重要感を満たす

「機会を見つけては、
誰かの心を慰め、優しく
明るい言葉で祝福して
あげましょう。
このように他人の幸せを
願っていると、
思いがけないことに
あなた自身が平安や喜びや
慰めを見いだすのです。」

 

(エレン・グールド・ホワイト 教育者)

続きを読む

子育ては自分育て

「自分自身も支配できない
者が、どうして他人を
支配できようか。」

 

(フランソワ・ラブレー 翻訳家)

続きを読む

読解力の正体

「テキストを読むときは、
文字ばかり追いかけても、
本当に著者が伝えようとしている
ことはわからない。
文字の向こうから、行間から
聞こえてくるメッセージを
感じるようにしなさい。
そうすれば、著者の発想の
根源に触れられる。
それが読むと言うことだ。」

 

(表三郎 翻訳家)

続きを読む

その言葉に愛はあるか

「昔の賢人たちは発しようと
している言葉が、3つの門を
くぐったときに、初めて
その言葉を口にしたのです。
最初の門で、彼らは自問
しました。
『これらの言葉は真実か?』
そうであれば、その言葉は
第二の門へ行くことが
できました。
第二の門で、賢人たちは
聞きました。
『これらの言葉は必要か?』
そうであれば、その言葉は
第3の門へ行き、賢人たちは
そこで、
『これらの言葉に思いやりは
あるか?』と聞きました。
そうであって初めて、
言葉は唇を離れ、世の中に
向かって放たれたのです。」
  

 

(ロビン・シャーマ 弁護士)

                    続きを読む

無駄口を慎む

「沈黙はあなたが叫ぶ方法
の中で、最善の時があります。」

 

(O・A・バッティスタ 化学者)

                    続きを読む