変化

マンネリの恐怖

「同じ仕事を長くやれば、
しだいに手加減の仕方が
わかり、苦労がなくなる。
そうして謙虚さを忘れ、
変化に対して腰が重くなり、
やがて能力は飽和するので
ある。」

 

(畠山芳雄 経営コンサルタント)

続きを読む

行き詰まったら広げて考える

「どんなに行き詰まった
ときでも、考え詰めれば
道は必ずある。
どうせ駄目ならもともと
裸一貫、この体さえあれば
何でもできると考えることが
できるかどうか。
自分の手元にあるプラス要因を
どれだけ拾い集めることが
できるか、そこが決め手になる。」

 

(田辺昇一 経営コンサルタント)

続きを読む

インサイドアウト

「多くの人は、自分の都合の
いいように物事を見て、
『いいこと』と『悪いこと』を
判断している。
そういった人はいつでも
『できなかった理由』を
人のせい、環境のせいにする。」

 

(スティーブン・R・コビー 経営コンサルタント)

続きを読む

夢は途中で変えていい

「夢は途中で変えていい。
今現在の自分の気持ちを
もっと大事にした方がいい。
自分の夢やその計画が足かせ
になっているなら一度リセット
することが大事。
半年に一度、理想の計画を
書き直せ。」

 

(鈴木進介 経営コンサルタント)

続きを読む

定期的にモノを捨てる

「自分を客観的に見られない
ときは、何かを捨ててみる
必要がある。
これまで自分が歩いてきた
出世街道かもしれないし、
もっと小さなものかも
しれない。
捨てる必要があるのは、
他の可能性を受け入れない
態度や自分にはそんなことは
できないという思い込みかも
知れない。」

 

(ジョン・オニール 経営コンサルタント)

続きを読む

食わず嫌いに挑戦する

「個人にも組織にも、
生まれ変わる必要性が
大きくなるときがある。
自然界を見ればわかる
ように、微生物から
人間にいたるまで、
すべての生き物は
定期的に生まれ変わら
なければ生き残れないのだ。」

 

(ジョン・オニール 経営コンサルタント)

続きを読む

ライバルは昨日の自分

「他人と比較して、他人が
自分より優れていたとしても、
それは恥ではない。
しかし、去年の自分より
今年の自分が優れていない
のは、大いなる恥である。」

 

(ラポック 冒険家・探検家)

続きを読む

人生はちょっとずつ変えるもの

「あなたの話す言葉、
考えること、食べるもの、
取る行動が、あなたの運命を
創っていきます。
小さな選択が、やがて大きな
結果につながります。
重要でない日など、
1日たりともありません。」

 

(ロビン・シャーマ 弁護士)

続きを読む

人はそう簡単には変わらない

「人間が変わるにはな、
もうでっかい不幸が
必要やねん。
悩んだり、苦しんだり、
もう死んでまおかな、
て思うくらいのでっかい
不幸や。
そういう時、人はやっと
それまでのやり方を変えん
ねん。」

 

(水野敬也 小説家)

                    続きを読む

ぬるま湯から抜け出す

「同じ場所に居続けると
そこはあなたの『ぬるま湯』
になる。
『骨をうずめる覚悟』という
言葉の呪縛に縛られる必要は
ない。」

 

(長野慶太 小説家)

続きを読む

自分を変えれば人生が変わる

「この仕事で私が
最も信頼しているのは、
自分を変えていくことが
できる人間だ。
なぜなら、自分を変えると
いうことは難しいこと
だからだ。
それができる人間こそが、
人生で最も成功できるのかも
しれない。

 

(アーセン・ベンゲル 元プロサッカー選手)

続きを読む

不易と流行

「変転する状況のただ中で、
一人の人間が終始一貫性を
保つただ一つの可能性は、
すべてを支配する不変の
目標に忠実でありながら、
状況に応じて変化すること
である。

 

(ウィンストン・チャーチル 政治家)

続きを読む

人生のトラブルメーカー

「君は物の見方を変えなくちゃ
だめだよ。私が問題なんだ
と思っていたら、
私を変えなければ解決しない。
もし自分自身が問題なんだと
気付けば、自分のことなら
変えられるし、
何かを学んでより賢くなること
も出来る。たいたいていの人が
自分以外の人間を変えたいと
思う。でもよく覚えておくんだ。
他の誰かを変えることよりも、
自分自身を変えることの方が
ずっと簡単なんだ。」

 

(ロバート・キヨサキ 投資家)

                    続きを読む

世界を変える小さな一歩

『世界』を変えるには
まず『鏡の中の男』を変えよう

 

(マイケル・ジャクソン 音楽家)

                    続きを読む

不易と流行

「この世で変わらないのは、
「変わり続ける」ということ
だけだ。

 

(ジョナサン・スウィフト 作家

続きを読む