人間関係

ポジティブに偏りすぎない

「前向きでなくては
いけないという考え方に
凝り固まり、強迫観念めいた
ものにとらわれていると
したら、それは困ったこと。
『前向き』というのは、
強がることとは違う。
弱音を吐くことだって
前向きの範疇(はんちゅう)
だ。」

 

(岡檀 教育者)

続きを読む

君子の交わりは淡きこと水のごとし

「人は長く付き合うと、
つい馴れ合いになり、
欠点も目について尊敬する
心も失われがちになります。
長く交わっても、常に人から
の尊敬を失うことがないと
いうのは、よほどの人格者。
長く交わっても、常に相手を
敬う心を失わなかったから、
人からも敬われたという解釈も
あります。
長く人と交際する秘訣は、
相手の良さを認め、敬う心を
忘れないこと。」

 

(岩越豊雄 教育者)

続きを読む

人に信用される条件

「信用しなかったら、
信用されないのです。
だから、信じることは
人間関係の基礎であり、
骨格でもあるのです。」

 

(竹田和平 投資家)

続きを読む

小さなほころびが命取り

「ほとんどの組織は、大きな一撃で
破綻したりしません。
ほとんどの人間関係は、大きな口論を
一度しただけで壊れたりしません。
ほとんどの生活は、一回の悲しい出来事
のせいで、バラバラになったりしません。
そうではなく、日々のささいな怠慢行為が、
長い間に積み重なってゆるやかな衰弱が起こり、
爆発につながって崩壊するのです。」 
  

 

(ロビン・シャーマ 弁護士)

                    続きを読む

ミラーニューロン

「人と人との応接は、
要するに鏡のようなもので
ある。
驕慢(きょうまん)は驕慢を映し、
謙遜は謙遜を映す。
人の無礼に怒るのは、
自分の反映へ怒っている
ようなものといえよう。」

 

(吉川英治 小説家)

                    続きを読む

理想の人間関係の作り方

「良き友を持つものは、
自分の方でも良き友に
なれる者でなければ
ならない。」

 

(武者小路実篤 小説家)

                    続きを読む

八つ当たり

「辛いとき、私は
『周りの人を“ゴミ箱”にしない』
ことを心がけています。
自分の辛い思いや悲しい思いを
人に投げつけることは、
その人をゴミ箱にすることと
同じです。
だから、すごく不安で怖いときにも、
その気持ちを口にすることは
ありません。」

 

(高田郁 小説家)

続きを読む

人は1人では生きられない

「人間って不思議なもので、
人間関係が煩わしくて
ストレスを感じるのに、
人との関係の中でストレスを
解消する。」

 

(重松清 小説家)

続きを読む

親しき仲にも礼儀あり

「うまくいっている夫婦
というのは、お互い言いたい
ことを言っているように
見えても、言うべきことと、
言ってはいけないことを
ちゃんとわきまえている。」

 

(宇野千代 小説家)

続きを読む

付き合う相手は選んでいい

「僕自身『世界NO.1の選手と
話しろ』『練習しろ』と
言われてきた。
そうすることで『世界NO.1の
選手が普通に見えてくる』と。」

 

(松岡修造 元プロテニスプレイヤー)

続きを読む