かわいい子には旅をさせよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もし若いときに旅をしなかったら、
くたばる前にどんな思い出話を
するのか。
もっと人生を楽しむことを
考えた方がいい。」

 

(船戸与一 小説家)

 

「かわいい子には旅をさせよ」
という言葉があります。

この場合の旅とは、「物見遊山(ものみゆさん)
のお気楽な旅のことではありません。

昔の旅は、交通手段も発達していなかったので、
もっぱら馬か徒歩に限られており、
決して容易なものではありませんでした。

旅を続けることそのものが苦労であり、
社会の厳しさや辛さと否応なしに向き合わざるを
得ませんでした。

また、たとえ「一人旅」であっても、
自分だけの力で旅を遂行することはできません。

誰かの支えがあってこそ、
旅を続けることができるのです。

そうした人の情けを痛感するのも、
「旅の効用」の一つです。

人は、旅を通して人生の「酸(す)いも甘い」
も噛み分けながら、大人になっていくのです。

つまるところ、旅とは「体験」のことです。

人は、「体験」を通して大人になり、
人間の幅を広げながら、より豊かさを
増していくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す