笑いある人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生において笑うことなく過ごした
日々があれば、それは最も無為に
過ごした日であることは疑いない。

 

(セバスチャン・シャンホール 詩人

 

シェイクスピアの作品「リア王」に、
「人はみな泣きながら生まれてきた」というセリフがあります。

 

地上に生まれ落ちた瞬間、けたたましく泣き始める赤ん坊。

 

「これから始まる人生が、決して楽なものではない
ことを悲観して、
赤ん坊は泣いているのだ」
というのが、シェイクスピアの洞察です。

 

もちろん、ありのままを直視すれば、人生はつらいことだらけです。

 

「不公平」「理不尽」「格差」「差別」・・・、
数え上げればキリがありません。

 

しかし、たった1度の人生を泣きながら生きていくのは
あまりに空しすぎる。

 

私たちは、断じて「泣き続けるために生まれた」
わけではないのです。

 

「泣きながら生まれてきた」からこそ、残りの人生は「笑い」で塗りつぶしたいものです。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す