再現性のあるスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「謙虚に努力せよ。
薄っぺらいスキルに
意味はない。」

 

(山本真司 経営コンサルタント)

 

才能がある人というのは、
生来の勘が備わっているので、
何となくやっていても
それなりに結果を出せます。

しかし、現状に満足していたら、
いつまでも「何となく」レベルから
抜け出せません。

当然プロレベルからは、
ほど遠いわけです。

そこから先に進もうとするなら、
「なぜ結果が出るのか」その理由を
探究していかなければなりません。

かつてイチローが、「僕は天才じゃない。
なぜなら、ヒットを打てる理由を
説明できるから。」
と語っていたことが
あります。

このように、「なぜ自分は結果を出せるのか、
結果が出ないのはなぜなのか」を
きちんと言語化しなければ、
いつまでも運頼みの仕事しかできません。

勘だけに頼るのではなく、
その背景にあるロジックを語れるように
なってこそ、そのスキルは再現性を伴う
盤石の域に達するのです。

ここまで自分の仕事を突き詰められた人は、
プレイヤーを退いた後にも指導者として
食べていけます。

天才が指導者として失敗することが多いのは、
ロジックを持っていないからなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す