稼ぐスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「「安定」とは、
焼け野原でも紙とペンが
あれば翌日から稼げる
能力のことである。」

 

(神田昌典 経営コンサルタント)

 

景気が冷え込んでくると、
人々は財布のヒモを固く締め、
めったなことではお金を使おうと
しなくなります。

いざというときのために、
セッセと貯蓄に励むようになるのです。

ところが、そのせっかく貯めたお金が、
いざという時になって無効になってしまう
としたらどうでしょうか。

これは実際に我が国で起きたことです。

敗戦で大混乱に陥った状況を打破するために、
政府は預金封鎖を実行しました。

それまである程度の資産を築いていた
人たちも含めて、皆等しく
一文無しになってしまったのです。

これから先、二度とこうした大混乱が
日本に訪れないと、一体誰が断言できる
でしょうか。

国家権力によって、
資産をむしり取られるような
非常時に役に立つのは、
お金ではありません。

個人の頭脳に蓄えられた知恵こそが、
いざというときにモノを言うのです。

たとえば文章で人の心を動かすスキルを
習得していれば、紙とペンさえあれば
焼け野原の中からでも再起できます。

これこそが真の意味における安定です。

何が起きるか先が見えない時代だからこそ、
頭脳に知恵を蓄えるために日々勉強するべき
なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す