守破離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真似をするときには、
その形ではなく、
その心を真似するがよい

 

(渋沢栄一 実業家)

 

「学ぶ」は「真似ぶ」と言われるとおり、
模倣は学習における基本中の基本です。

日本の芸道には、「守(しゅ)・破(は)・離(り)
という言葉があります。

特に、「守」の段階においては、
ひたすら師匠の物真似に徹することを
求められます。

伝統芸能の世界では、
弟子は朝から晩まで師匠と生活を共にし、
立ち居振る舞いからその息遣いに至るまで
徹底的な模倣に努めます。

やがて、師匠の「形」の模倣が堂に入ってくると、
だんだん師匠の「思考」が染みこんできます。

師匠が次に取るであろう行動や、
師匠が次に話すであろう言葉などが、
ピタリピタリと先読みできるようになるのです。

「守」とは、ただ単に表面上の技術をなぞることでは
ありません。

師匠の技術を根底から支えている「思想」、
すなわち、脳みその中身そのものを
インストールするのが「守」の段階。

その上で、客観的に他流派に学び、取捨選択して
自らの糧にするのが「破」の段階。

そして、ようやく師匠の門を離れ、
独自の道を切り拓く「離」の段階へと
至るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す