ショー・マスト・ゴー・オン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「死ぬよりも生きている方が
よっぽど辛いときが何度もある。
それでもなお生きていかねば
ならないし、また生きる以上は
努力しなければならない。」
  

 

(榎本健一 俳優

                   

 

演劇の世界に「ショー・マスト・ゴー・オン」
という言葉があります。

「幕が上がっている限り、
たとえ何が起ころうと、
役者は舞台に立ち続けなければならない。」
という意味です。

 

人生を一場の舞台になぞらえるならば、
私たちは死ぬまで舞台に立ち続ける役者です。

悲喜こもごもが織りなす人生・・・。

ハッピーエンドのシナリオなんて、そうそうあるものではありません。

「いっそ傍観者として生きられたら、どんなに楽か・・・」
と、悲嘆に暮れる一幕も訪れます。

 

しかし、どんなに辛くても、私たちは舞台を
降りるわけにはいきません。

生という舞台には、あなた以外の
代役は存在しないからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す