人の短所は自分の短所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「もしあなたが人を憎むなら、
あなたは、あなた自身の一部
でもある彼の中の何かを
憎んでいるのだ。
我々自身の一部でないような
ものは、我々の心をかき乱さない。」
 
 

 

(ヘルマン・ヘッセ 哲学者)

                   

 

「自分自身」を知りたければ、
他人に対する自分の反応を観察することです。

他人に対して過剰に「憧れ」「賞賛」
気持ちを抱くということは、自分の中にも
同じ「才能」「性質」が眠っている
ということです。

同じく、他人に対して過剰に「嫌悪感」「憎悪」
を抱くということは、
自分の中に同じ「欠点」「性質」
眠って
いるということです。

人は、自分にない「性質」「性格」
持った人物に対しては、基本的に無関心です。

一緒にいても、腹も立たなければ、
好きにもなりません。

相手の「短所」に過剰に反応してしまうのは、
鏡に映った「自分」を見せられているような
気持ちにさせられるからなのです。

他人に腹を立てているうちは、結局のところ
自分も「同じ穴のムジナ」です。

逆に、他人の「短所」を見て、自分の「短所」にも
気づけるようになってきたら、
どんなに憎い相手でも許せるようになってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す