臆病を侮るなかれ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「世に恐ろしいのは、
勇者ではなく、臆病者だ。」

 

(徳川家康 征夷大将軍)

 

一般に、臆病者はたいしたことがなく、
勇者こそ大物であると考えられがちです。

しかし、それは非常に浅いものの見方
言わざるを得ません。

内面に臆病さを持ち合わせない勇気は、
ただの蛮勇(ばんゆう)です。

臆病さを知らぬ人間は、慎重さを欠くがゆえに
我が身を滅ぼします。

すなわち、臆病さとは己の「身の丈」
わきまえようとする「知性」
に他なりません。

人は臆病だからこそ、真剣に自分を磨き
向上し続けることができるのです。

大胆不敵に人生を呑んでかかる人は、
現状に甘んじてしまい、ついに何事も成し遂げずに
終わります。

また、「窮鼠(きゅうそ)猫を噛む」
という言葉があるように、臆病者は追い詰められる
思わぬ大胆さを発揮して別人になることがあります。

臆病の裏には勇気が隠れており、
勇気の陰には臆病が潜んでいるのです。

すなわち、勇気と臆病はコインの裏表のようなもの
であり、同じ性質を別の角度から光を当てた
名称に過ぎないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す