幸せの本気度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ささやかな幸せを
確保するためにも、
めちゃくちゃ努力しなきゃ
ダメだよ。
生半可なことじゃないよ。
道には罠がいっぱい仕掛け
られているんだから。」

 

(ビートたけし 司会者)

 

幸せとは何でしょうか。

もしも、あなたが幸せは誰かに与えて
もらうものという観念を持っていた
としたら、いつまで経っても幸せには
なれないかもしれません。

なぜなら、幸せとは自分自身でつかみ取る
ものだからです。

「キミを幸せにするよ」とプロポーズされて
一緒になった夫婦だとしても、どちらかが幸せを
維持しようとする気持ちを失ったら、簡単に壊れて
いきます。

夫婦関係が壊れてから、
「あなたが私を幸せにするって
いたじゃない」
といくら相手を責めても、
どうしようもありません。

このことは、全てにおいて当てはまります。

仕事で結果を出して、業界で一定の評価を
獲得できたとしても、そこで努力をやめて
しまったら、元の木阿弥です。

またたく間に能力も低下してしまい、
ろくな知恵も出なくなります。

これは筋トレと一緒です。

筋トレで多少腕周りが太くなり、
足腰がしっかりしてきたとしても、
その後の努力を怠れば、
あっという間に
筋肉は失われます。

幸せであり続けるためには、
それなりの本気度が求められるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す