真面目さをウリにしてはいけない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『真面目に働く』というのと、
「儲かる」ことは、相関関係は無い。
残念なことではあるが、
真面目にやっても潰れることがある。
社長が真剣に社会に貢献しようと
頑張っていても、社員が夜中まで
血のにじむような努力をしていても、
容赦ない。
最高にいいやつでもガンに
なってしまうのと同じように、
真面目で、誠実な会社でも潰れる。
これが現実である。

 

(神田昌典 経営コンサルタント)

                   

 

真面目であることは、別に悪いことではありません。

むしろ真面目な人材でなければ、伸びません。

しかし、真面目さをウリにしてしまった途端、
その価値は暴落します。

「こんなに真面目なんだから、私のことを認めてよ」
と取引の道具にしてしまうのは、
根が「不真面目」な証拠です。

それは、お店で不当な値引きを要求するのと同じくらい、
卑しい行為だと気づかないといけません。

やるべきことにきちんと取り組み、
淡々と準備を重ねるのが、
本当の真面目さです。

準備不足と無能さの「免罪符」として
真面目さを振りかざしてはいけないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す