即時メモの大事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「大事なのは、情報を
受けたとき即時に処理をし、
あとで自分が忘れてしまっても
良い状態にしておくことである。」

 

(畠山芳雄 経営コンサルタント)

 

周囲を観察していると、
うっかりミスをやらかす人は、
日常のいろんな場面で同様の失敗を
繰り返します。

こうしたミスをやらかす人は、
どんなに気をつけていても、
何度でもミスを犯すものです。

なぜなら、ミスの要因はその人の
特性に根ざしている部分が大きく、
どんなに気をつけたつもりでも
「焼け石に水」でたいして効果が
ないからです。

本気でミスを減らそうと思うなら、
行動面を見直すことです。

第一にやるべきことは、
即時メモを取ることです。

メモを取ることには、単
純に忘却を防ぐという目的もありますが、
「覚えておかなきゃ」というプレッシャーから
解放され、目の前のことに集中できるという
利点も大きいと思います。

特に忘れっぽいことを自覚している人は、
手帳に加えてスマホを活用するのもオススメです。

「二重に記録するなんて面倒だ」
思うかもしれませんが、実際に手を動かして
作業することで、記憶に残りやすくなるという
利点もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す