センス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「センスは天性のもの
じゃない。
センスは育てるもの。」

 

(髙橋宣行 人類学者

 

人それぞれに、生まれ持ったセンスが
存在することは否定しません。

同じように育てたつもりでも、
まるっきり違うように育っていくのが
人間だからです。

しかし生まれ持ったセンス
というのは、

可能性でしかありません。

そこに水と肥料をやって、
どこまで大きく育てられるかは
その人次第といっていいでしょう。

たとえば歌手として大成する人は、
子どもの時から人前で歌うことが
大好きだった人ばかりです。

それも他の子ども達とは、
比較にならないほど上手に歌えたのは
言うまでもありません。

でもその程度の歌の上手い人は、
プロの世界に行けば掃いて捨てる
ほど存在します。

生まれ持ったセンスだけで
プロとしてやっていけると
考えているとしたら、
歌手を舐めているとしか言えません。

自分にはセンスがあると信じている
人たちが、
同じようにレッスンを受け、
オーディションに応募してくるのです。

求められているのは、
一般人レベルのセンスではなく
プロとしてのセンスです。

生まれ持ったセンスを、
どこまで磨き上げられるかが
勝負なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す