セルフイメージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたという存在は、
自分が植えて育てた思考の
果実だ。
もっといい収穫を望むなら、
もっといい思考を植える必要が
ある。
リンゴの種から桃の木が
生えないように、お粗末な思考
から繁栄は生まれない。
どんぐりが必ず樫の木になる
ように、あなたの脳裏の
イメージがあなたの現実と
なる。」

 

(ロバート・アレン 投資家)

 

「恋人がほしい」と願いながらも、
なかなか相手がいないと嘆いている人がいます。

別に、彼らに魅力が欠けているわけではありません。

中には、「どうしてこんな魅力的な人が」
いぶかしく思うほど素敵な人が、恋人ができない
ことで悩んでいたりします。

彼らの特徴は、意識の奥底で恋愛に
否定的な観念をもっていることです。

だから、目の前に恋愛対象となる相手が
現れたとしても、
積極的な行動に出ることが
できないのです。

周りからも、「そういう人」として扱われてしまう
ので、ますます恋愛に縁遠くなってしまうのです。

つまり、潜在意識に蓄えられた思考の
反映として、「モテない」という現実が
作り出されているのです。

このカラクリに気づくことができれば、現実を変えるのは
そう難しくはありません。

このカラクリを逆手にとって、恋愛に対して
積極的な思考を潜在意識に植えていけばいい
のです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す