セールスの極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「相手を説得するために、
正論など持ち出しては
いけない。
相手にどのような利益が
あるかを、話すだけでいい。」

 

(ベンジャミン・フランクリン 政治家)

 

買い物に来ているお客様が聞きたいのは、
長ったらしい商品説明ではありません。

「性能がどうの」とか「新しい機能がどうの」
といったことは、一部のマニアを除いては
どうでもいいことです。

製品にたくさんの機能を付けて悦に入っているのは、
単なるメーカーのエゴ。

一般のお客様にとっては、無用の長物に過ぎません。

お客様が本当に知りたいのは、
「それは私の生活にどう役立つの?」
というただ1点のみ。

お客様は、他社の製品と機能を詳細に比較して
お買い物をしているわけではないのです。

実のところ、お客様は商品そのものが
欲しいわけではありません。

その商品を買うことによって、
自分の人生に起こるであろう
「理想的な変化」を求めている
のです。

これを、専門用語でベネフィット(利益)
と呼びます。

つまるところ、セールスとはモノを売るのではなく、
モノを通してお客様に夢を売る仕事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す