右脳と左脳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「本当に進むべき道を
選ぶには、自分のひらめき
だけがたよりです。
理性が教えてくれるのは、
道の先に何が待ち受けているか
ということだけです。
本当に自分を賭けることが
できるかどうかは、
教えてくれません。

 

(ジーン・シノダ・ボーレン 精神科医)

 

かのブルース・リーは、
「考えるな、感じろ」と
言い残しました。

いかにも武術家らしい言葉ではありますが、
いささか感覚に傾きすぎです。

むしろ、人生においては理性で
考えることも
重要なプロセスの
1つです。

人生の膨大な選択肢の中から、
自分の進むべき道を選(え)り分けるのは、
左脳の働きです。

しっかりとアタマを使って比較検討を行い、
大まかな方向性やプランについて、
把握しておかなければなりません。

しかし、人生の決定権者は左脳では
ありません。

事に臨んで、人生の決断をするのは
右脳の働きです。

左脳がお膳立てした選択肢から、
エイヤッと直感でカードを引くのです。

ブルース・リーの「考えるな、感じろ」
というアドバイスは、
まさにこの瞬間にこそ生きるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す