人生につまずいてからが本当のスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「君がつまずいてしまったことに
興味はない。そこから立ち上がる
ことに関心があるのだ。

 

  (エイブラハム・リンカーン 政治家

 

偉人伝には、必ずと言っていいほど「挫折」や
「逆境」にあえぐ、名もなく貧しかったころの
成功者の姿が描かれています。

 

可もなく不可もない人生を送ってきた人で、
後に大きな成功を収めた人は皆無です。

 

つまり、苦境に身を落とすことは、
後に大きな成功を収めるための「必要条件」です。

 

「十分条件」は、苦境から這い上がると決めること。

成功は、這い上がると決めた瞬間に始まっているのです。

 

なぜなら、大多数の人々は「挫折」や「逆境」の中で、
あきらめる道を選びます。

いつまでもあきらめきれないごく少数の変わり者だけが、
将来の成功者としての道を歩んでいくのです。

 

地獄から奇跡の復活を遂げた瞬間、
それまでの苦しい日々は勝手に美化されて、
語り継がれていきます。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す