デキる人の基準値

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「無理をしないと、
どんどん無理ができなく
なってしまうものだ。
どこかで楽をするクセが
ついたら、あるはずの力も
発揮できなくなってくる。
」    

 

(三浦知良 サッカー選手

                   

 

様々な分野で成功している一流の人々と
凡人とでは、そもそもの「基準値」が違います。

 

言い換えると、努力のスタンダードが
異なっているのです。

仮に、一流と言われる人たちが凄まじい
努力をこなしているように見えたとしても、
彼らにしてみれば呼吸をするのと同じくらいに
自然なことなのです。

やっていることは質量ともに普通の人の
基準を上回っているのに、「頑張ってる感」
ないのが彼ら一流の一流たる所以です。

 

だから、もしも今いる三流のステージから
抜け出して、一流の門を叩こうと思うならば、
現在のぬるま湯から思い切って飛び出すことです。

人間関係、言葉遣い、立ち振る舞い、
考え方のすべてを変える覚悟を決めない限り、
染みついたサボり癖から脱却するのは不可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す