学問のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人は生まれながらに、
貧富貴賤の別なし。
ただ、よく学ぶ者は
貴人となり、富人となり、
そして、無学なる者は
貧人となり、下人となる。」

 

(福沢諭吉 教育者)

 

「学問のすすめ」に出てくる
「天は人の上に人をつくらず、
人の下に人をつくらず」
という一節は、あまりに有名です。

しかし、福沢諭吉が伝えたかったのは、
「人間は平等だよ」ということではありません。

実は、この言葉の後にはこう続きます。

「人は生まれながらに、貧富の差や
身分の差が決まっているわけではない。
ただし、よく学ぶ者は身分が上がり、
経済的にも豊かになるが、学ばない者は、
生活も貧しくなり、身分も卑しくなる」
と。

福沢諭吉が本当に伝えたかったのは、
「人間は全然平等なんかじゃない。
勉強しなかったら、格差が広がる一方だよ。」
ということだったのです。

逆に、どんなに生い立ちが貧しく卑しかったとしても、
人生は勉強次第でいかようにも変えられる
ということでもあります。

人生は決して平等ではないかもしれないけれど、
勉強する人にはどこまでも公平であることを
伝えたかったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す