博覧強記の人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「肩書きがなくては
己が何ものかもわからんような
阿呆どもの仲間になることはない
 

 

(南方熊楠 生物学者、民俗学者)

                   

 

「博覧強記(広く書物を読み、よく覚えていること)
とは、まさに南方熊楠のためにある言葉です。

熊楠は、子どもの頃から驚異的な記憶力を発揮しました。

知人宅で、百科事典「和漢三才図会(全105冊)」
を読ませてもらい、それを自宅に戻ってから記憶で再現し、
5年がかりですべて写し終えたというから驚きです。

後に、大学予備門(現・東大)に入るも、
学業に身が入らず落第。

このとき同期にいたのが、夏目漱石、正岡子規、
秋山真之ら錚々たる面々でした。

翌年、単身アメリカに渡った熊楠は、植物採集などの
フィールドワークに精を出します。

続いて、英国に渡り、研究の成果を論文で発表するや、
たちまち1位に入選。

科学雑誌「ネイチャー」には、
生涯で51本の論文が掲載されましたが、
この記録は現在に至るまで破られていません。

熊楠は、学位という権威にすがろうとする学者たちのことを
バカにしていました。

在野研究者として実績を築き上げた自分自身に、
大きな誇りを感じていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す