質より量

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「初めから質を求めない。
圧倒的な量をこなし質を
高める。」

 

(竹中亮祐 投資家)

 

20世紀最大の芸術家と言われるピカソは、
生涯に14万点以上の作品を残しました。

これほどの量をこなすためには、
最低でも1日に4点以上の作品を完成させないと
不可能です。

「1日に4本企画書を挙げる」とか、
「1日に4件契約を取る」など、
身近なことに置き換えてみると、
それがいかに途方もないことかご理解いただける
と思います。

アトリエの中で一心不乱に絵筆を振るい、
彫刻を削るピカソの姿が目に浮かぶようです。

「質より量」という言葉がありますが、
私たち素人には作品の「質」を判断するのは
不可能です。

しかし、ピカソの残した14万点の作品群は、
彼の圧倒的な才能と流した汗を雄弁に物語っています。

ピカソの作品は「質」は言わずもがなですが、
「量」においても大多数の凡才を圧倒している
のです。

では、私たちがピカソの生き方から学ぶべき点は
何でしょうか。

それは、「質」に逃げずに「量」をこなす
という姿勢です。

圧倒的な「量」をこなし続けることで、
自ずと「質」が磨き上げられていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す