アイデアを出す人、カタチにできる人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイデアが重要なのでは
ない。
1つのアイデアをどうやって、
具体的にしていくかが重要だ。

 

(井深大 実業家)

 

人には、それぞれ役割というものがあります。

革新的なアイデアを授かること
長けている人もいれば、
その具現化に長けている人もいます。

どちらが上でどちらが下、ということでは
ありません。

概してアイデアを出せる人は、
その具現化のための行動が苦手です。

アイデアを出したところで力尽きて、
その後の行動が滞ってしまう人もいます。

一方、行動力がある人は、アイデアを
生み出すことが苦手です。

1つのアイデアを生み出すのに呻吟(しんぎん)
してしまい、なかなかその先に進めません。

こればかりは、持って生まれた才能の違いなので
どうすることもできません。

自分の欠点をムリに矯正しようとするのではなく、
他人の助けを上手に借りる方がよほど賢明です。

アイデアを出せる人は作業を外注すればいいし、
具現化能力の高い人はアイデアを他人から
借りてくればいいのです。

そのためにこそ、組織が存在しているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す