鉄砲の腕を磨こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業成功の神髄はと
問われたならば、
何事も軽率に着手しないことと
答えます。
着手するまでに十分考え、
いわゆるバカの念押しを
やってみることが大切です。
そのかわり着手したら猛然として
進むことは当然です。

 

(小林一三 阪急東宝グループ創業者)

                   

 

「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」という
諺(ことわざ)を信じて、本当に鉄砲の腕を磨こう
としないのは問題です。

なぜなら、下手な鉄砲で仕留められるのは、
よほどハードルの低い「的」
限られるからです。

しかし、それでは人生において
第一志望を獲得することは永遠に
ありません。

「下手な鉄砲」のままで居続けるのは、
第二志望以下の人生に甘んじると
宣言するのと同じことです。

「第一志望」を本気で狙うのであれば、
まずは鉄砲の腕を磨くこと。

「数打って」仕留めようとするのではなく、
「一撃で」仕留められるように
精度を高めていくのです。

引き金を引くまでは、臆病なまでに
細心の注意で準備に徹し
いざ的が定まれば、
大胆なまでに迷いなく
引き金を引く人
だけが成功を収めるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す