自分との約束

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分との約束を守れるかだ。
朝5時に起きると
自分に約束したら起きる。
日常生活で何かを決めたら
死守するという闘いだよ。」

 

(桜井章一 雀士)

 

「自分との約束と、他人との約束、
どちらの方が大事ですか」
と聞かれたら、
あなたは何と答えるでしょうか。

「そんなの決まってる。
他人との約束だよ。」
と答える人が、
大多数を占めるかもしれません。

しかし、それでもあえて私は
「自分との約束の方が大事」
という持論をぶちます。

なぜなら、この問いは究極のところ
「自分と他人、どっちが大事」
という意味合いをも含んでいるからです。

それでも「他人が大事」だと言い切れる人は、
大変申し訳ないですが、
ご自身が「奴隷」であることの自覚を
もった方が良いかもしれません。

「そんなの真っ平御免だ」と思うなら、
他人との約束よりも、自分との約束を守ることを
最優先に考えるべきです。

自分で「これをやる」と決めたことは、
何があってもやり通すことを
あなたの人生の「鉄の掟」とするのです。

この習慣を5年、10年と堅持して、
「自分のことを信じられるヤツ」と
潜在意識が認識するところまでいった人は、
他人との約束も反故にするはずがないのです。

なぜなら約束を守るという習性が、
骨の髄まで染み渡っているからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す