アマチュア時代でもプロはプロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何でもプロになりたいのなら、
プロになったつもりで行動する
ことが大切。」

 

(本田圭祐 プロサッカー選手)

 

世の中には、「資格」や「学歴」で
食べていく生き方
と、

「実力」だけで食べていく生き方
の2通りが存在します。

前者の生き方では、「資格」や「学歴」が、
社会的信用の裏付け
です。

仮に、実力がイマイチだとしても、保有する「資格」が、
社会的な身分を保証してくれます。

一方、後者の生き方では、「資格」や「学歴」
一切求められません

求められるのは、確かな「実力」だけ。

しかし、「実力」が落ちてきたら、実績不問で
直ちに「お払い箱」となります。

何かの分野でプロとして生きるというのは、
つまりそういうことなのです。

アマチュアの延長線上に、「プロの世界」
存在しているわけではありません。

つまり、アマチュアがデビューしてから
プロになるのではないのです。

プロになる人間は、デビューする前から
プロとしてのテンションで生きています。

アマチュアの覚悟でデビューできるほど、
プロの世界は甘くはないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す